ここだって鎌倉だ!断ち切るな関谷・玉縄みどりの輪 

「連続開発に脅かされる市周縁の暮らしと歴史」 大船駅付近の玉縄、関谷をご存知ですか? JR大船駅から大船観音横の通りの坂を登ると緑の多い住宅地があります。

鎌倉 リストランテ ア リッチョーネの畑!リアルタイム様のご紹介

今回ご紹介させていただくサイトは、
「鎌倉リストランテ ア リッチョーネの畑!リアルタイム」
様のサイトです。
こちらのサイトは、実際に鎌倉でレストランをされているお店で自給自足をしているお店のサイトです。Ristorante "a Riccione"

食材にこだわり、畑で野菜を作りお客様に出すという本当に理想的でステキなお店です。
その野菜を作っている場所が、私たちの住む関谷地区にあります。
鎌倉野菜、鎌倉ブランドを土から作り、そして街で食す事が出来る・・・。
鎌倉だから出来る事を実行しておられるお店です。
是非、サイトにもお店にも足を運んでみてください。

そして、私たちの思いを体験していただければと思います。


こちらから⇒⇒⇒
「鎌倉リストランテ ア リッチョーネの畑!リアルタイム」



大きな地図で見る


記事:街づくり人



鎌倉野菜物語様のご紹介

今回、ご紹介するのは

「鎌倉野菜物語」
というサイトです。

サブタイトルに”お散歩好きのジモチーが、鎌倉の畑で育つ個性ゆたかな野菜たちを紹介!”と書かれているように、鎌倉の土地で育った野菜や海の産物などをイラストや画像を含めてご紹介されています。


柔らかく、やさしい文章が気持ちの伝わってくる感じがして、ほのぼのとした気分になれるサイトです。

玉縄、大船地区の情報が満載。
鎌倉好きの方、コアな鎌倉の情報がここから得られますよ。

双方、行き来しながら一緒に盛り上げていければと思っております。
宜しくお願いします。


こちらから⇒⇒⇒ 
    「鎌倉野菜物語」





記事:街づくり人

本当に地球にやさしいの?

鎌倉市と逗子市とは焼却ごみに関する広域処理協定を結んでいた。
焼却ごみのうち生ごみの処理を鎌倉市がその他の焼却ごみ処理を逗子市が分担すると言うのがその内容である。そこで鎌倉市は生ごみの処理方式を決定すべく審議会にかけ、その結論としてメタン発酵による(仮称)バイオリサイクル方式を採用する事になった。その設備の建設予定地は当初大町だったが、世界文化遺産登録に当ってメタン発酵槽の高さが景観を損ねるとして急遽建設予定地を関谷に変更した。それまでなんの説明もなかったが、なぜか間髪を入れず関係住民に対してバイオリサイクル計画の説明会を度々開催してPRに努めた。しかし、この関谷の土地は鎌倉市における農業振興地域のど真ん中にあたり、ごみと農作物の連想から風評被害を心配した農家の方々の反対するところとなった。反対運動は二万人もの署名を集めるなど大規模なものになったが、鎌倉市は強引に関谷の土地を買収すべく議会の承認を得てその費用を予算化した。 
 ところが広域処理の一方の当事者である逗子市から、バイオリサイクル計画はノーであるとの意志表示をつきつけられた。逗子市にはなんの相談もなく一方的に大町から関谷に建設地を変更され、逗子市にとっては生ごみの運搬距離が増えた事で、バイオリサイクルするメリットが減少した事が大きいのではないかと思う。さらに、都市部でのバイオリサイクル実績がなく、実行するには根拠が薄弱であるとしている。
 実は筆者もバイオリサイクル計画に対し気になっていることがある人間の一人である。そもそもこの方法がそんなにメリットがあるなら民間企業も採用してしかるべきであるが、そんな話しを聞いた事がない。環境問題では本当に正しいか疑わしい例があることを念頭に置くべきである。例えばレジ袋の問題である。ごみ出しなどの際レジ袋にごみをまとめて入れるのに便利だから有効活用している例が殆どではないかと思う。レジ袋が廃止若しくは有料化されるとこれに代わる別のプラスチック製品が使われるはずで地球環境にとってはなんにも効果が上がらないことになる。なんとなく地球に優しいと思いこんでいることが以外にそうでもない例が他にも沢山ある。
 バイオリサイクル計画の対象になっている生ごみは市の説明によると水分が80%と以外に低い。この水分量ならごみが自然(「じねん」と読む。一旦燃えてしまえば燃焼物の燃焼熱で燃焼物が燃焼する現象)する領域に非常に近い。従って焼却だと言って目くじらを立てるほどのことはない。一方、メタン発酵処理の方は生ごみを搾汁と絞り粕に分け搾汁をメタン発酵してメタンガスという有価物を得、搾り粕を外部焼却処理する。メタン発酵は発酵残渣(消化液)が副生するのだが、審議会の結論ではこれを焼却処理すべきと答申している。しかし、市の説明ではその前処理として活性汚泥処理をし、その残渣(余剰汚泥)を脱水濾過、濃縮乾燥処理をしてから、焼却処理(外部委託)をするという。この過程ではかなりのエネルギーが使われる。ことによったらせっかく得たメタンガスが全て使われ、更に重油を投入しなければならないこともありうる。加えて外部委託焼却のために運搬するエネルギーも必要である。エネルギー保存の法則に従えば焼却とメタン発酵とでそんなに追加エネルギーが違うとは考えにくい。
 あたかも、バイオリサイクル計画では焼却などしないで済むような印象をもたせ、焼却ごみが半減するなどと説明している。議会もそう信じこまされている節がある。だからこそ関谷の土地買収を認めたのであろうが、素人だと思ってあなどっていると思う。その点逗子市はこの方式の問題点を見ぬいている。また鎌倉市の生ごみ処理を検討した審議会でさえもこの計画は世界初の試みだと認めている。つまり困難な計画だという事だ。
 トータルで見て本当に地球に優しい計画かどうか市民はしっかりとウオッチしなければならない。無駄な税金が使われないためにも。そして真に良好な環境を子孫に残すためにも。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

街づくり人

街づくり人

玉縄・関谷の緑を守る為、様々な方へ情報を提供しアドバイスを頂いたりしながら、この地域を守っていこうという動きで始めました。
多くの方のコメントをお待ちしております。


Search

Calender

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -