ここだって鎌倉だ!断ち切るな関谷・玉縄みどりの輪 

「連続開発に脅かされる市周縁の暮らしと歴史」 大船駅付近の玉縄、関谷をご存知ですか? JR大船駅から大船観音横の通りの坂を登ると緑の多い住宅地があります。

3.(1)土地所有の歴史(その8−72)
本稿では鎌倉時代が産み落とした地頭の生態を追ってみたいと思う。
地頭には鎌倉幕府が成立した時に頼朝が後白河法皇に認めさせた本舗地頭と、承久の乱後に朝廷に認めさせた新補地頭とがある。いずれの地頭も謀反人蹟の荘・郷(公領)に置かれた。本舗地頭については明確な権利が明文化されてはいないので確定的なことは言えないが、警察権、裁判権、年貢収集権であって、下地進止権(土地の面積を確定したり、百姓が逃亡したり絶えた場合に新たに百姓を配置すること)を実態として獲得して行くことであった。
それでは本稿から公領における地頭の行動を追ってゆきたいと思う。それには地頭が補任した当時の公領の実態を確認しておかねばならぬであろう。平安時代10世紀ごろになると律令国家開始とともに始まった班田制が農民の偽籍、浮浪、逃亡などによって行えなくなり、人を対象にした租税の集取をあきらめ田地の面積に基づく租税集取に切り替えられた。それには当時台頭してきた豊富の百姓(これを田堵といった)に一定面積の公領の耕作を請け負わせる所謂「名」制度の導入が始まったのである。人をとらえることが出来ぬなら土地を基準に租税を賦課する方式に切り替えたのである。耕地面積は豊富の百姓の実力に相応して決められたが、請け負った租税がきちんと納められるのであれば、その耕地をどのように分割して、どのような者に耕作させても良かった。そしてもう一つの変化は国司の役割である。田堵が契約に基づいて所定の年貢を納めるのであるから、国司はこれを取りまとめて中央政府に納めれば済むはずだが、一方で郡司職、郷氏職といった官職の私財化、荘園や私領の増加、「豊富の百姓」と貴族の結託による未墾地の囲い込みなど公領の減少が進む状況にあり、国司に「検田権」を与え、一国の土地管理を強化させると同時に一国の公領からの年貢総量を請け負わせる国務請け負い政策をとり始めていた。こうなると既得権益を侵害される郡司、郷氏、在庁官人、田堵等が国司の不法を訴えるケースが頻発していた。さらに十一世紀、院政が行われたころ、開発された耕地に周辺の公領を取り込んで、開発領主が中央の有力者に荘園として寄進し、さらにこの荘園を安定化させるため、権門勢家に再寄進するという念の入れようであった。立荘には院庁下文、もしくは民省符が必要であったが、国司が在職期間だけの国司免判も発給された。公領の当時の状況を説明するために荘園のことまで触れたが、律令制下に公領であった土地の状況も大きく変化した。これについては次稿で述べる。
                  ―黒子―
 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamanawasekiya.dtiblog.com/tb.php/141-3853ddcb

シャネル バッグ カタログ 公式

やあ、 私はね本当に嬉しい私がいますこの情報が見つかりました。 今日 |ゴシップについてあくまでもとネットブロガーが公開し、これは本当に 実際に迷惑 。良いサイト エキサイティングとコンテンツ、 {これが| それはだ}私は必要なもの。 ありがとう 、 私は意志それを訪問するこのサイトを維持するため。あなたはニュースレターをしていますか? できないそれを見つける。

« 開発予定地の法規上のポイント  | HOME |  開発予定地の法規上のポイント »

PAGE TOP ▲

Appendix

街づくり人

街づくり人

玉縄・関谷の緑を守る為、様々な方へ情報を提供しアドバイスを頂いたりしながら、この地域を守っていこうという動きで始めました。
多くの方のコメントをお待ちしております。


Search

Calender

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -