ここだって鎌倉だ!断ち切るな関谷・玉縄みどりの輪 

「連続開発に脅かされる市周縁の暮らしと歴史」 大船駅付近の玉縄、関谷をご存知ですか? JR大船駅から大船観音横の通りの坂を登ると緑の多い住宅地があります。

多摩丘陵の緑があぶない!

          多摩丘陵の緑があぶない!

 以前から新聞報道で知ってはいたが、具体的な生の声を身近な人から聞いた。
我々の住んでる所からはかなり離れてはいるが、同じ多摩丘陵(われわれのところは多摩丘陵の南端)の一角で開発騒動が沸き起こっている。その場所は、東京都稲城市の南山で、周辺は開発し尽くされて、唯一まとまった緑地が残っているところである。
国土交通省の首都圏の自然環境保全・再生・創出の考え方のなかにも「三浦半島ゾーン、多摩丘陵ゾーン」の緑を保全していこうということになっていて、国レベルでも重要な位置づけを持っている。鎌倉市はこの認識はもっているものの、実際には鎌倉時代の歴史的建造物や史跡をとりまく自然の保全に偏っていて、我々の住んでいるところも開発の危機にさらされている。ついでに言えば後北条の史跡保全についてはあまり関心がないのが実情である。
確か川崎市が多摩丘陵の緑保全を関係自治体に訴えていた。しかし、国立のマンション事件で示されたように、東京都はこの類の問題には冷淡である。せめて鎌倉市、横浜市が連携してこの声を自治体の方からも国に届けたいものである。
南山のことに話を移そう。開発面積は我々のところの十倍、90ヘクタール弱で、我々の所もそうであるが、縄文時代の遺跡が残り、貴重種を含む野生生物が豊富に残っている自然豊かな場所であって、これをなんの変哲もない、つるつるのっぺらぼーにして何処にでもあるような商業施設や住宅街を造ろうとしているのである。
日本人は新し好きで、住宅などはすでに余剰になっているのに、どんどん新しい所へ居住していくから、この手の開発が後を絶たないのであろう。
筆者が南山に親近感を抱いたのは、多摩丘陵、縄文遺跡、そして後北条の史跡である。よくは調べてないが、近くに城があったと見え、打越なる地名もあるところは当方と同じである。ちなみに打越とは城内と城外の境界を示す場所である。戦国時代、関東を支配した後北条の史跡はどんどん失われてしまおうとしている。われわれの所は下坪砦だ。ここには玉縄城の二の丸があったと信じている。
 都議会選が迫っている。南山の保全を唱える候補はいないのであろうか。いるならこぞって投票し都政に反映させなければなるまい。南山の保全活動を続けておられる方々に、はるか鎌倉の地からエールを送りたい。
黒子

コメント

山林は夏にも冷気を蓄えて周囲に滲み出させてゆく天然のクーラーであり、都市部の気温上昇を抑えるために最高に効率的なものであるのに、どうしてこう目先のカネにとらわれるのか。業者もそうだが、特に役人が長期的視野を持っていないことに驚かされる。
あまりに視野が狭く、自分で自分の首を絞めていることに気づいていないのが嘆かわしい。

Joe様コメントへの御礼

Joe様
 コメントありがとうございました。緑地が冷気を蓄えて都市のヒートアイランド現象を緩和するのは広く知られてるところですが、お役所は緑地の破壊を「法」のせいにして・・・、気楽なものです。その同じお役所が地球温暖化防止策を国から求められると緑地の破壊で失われる二酸化炭素吸収能力の大きさのことは棚に上げて、細々と決めごとをつくって市民に押しつけようとします。お役所がもっと緑地保全の先頭に立って努力している姿を示せば説得力がありますが、そうでないので、お役所などから指図を受けたくないのが市民の心情です。  黒子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamanawasekiya.dtiblog.com/tb.php/41-1bfd8fbf

« 開発予定地の法規上のポイント  | HOME |  開発予定地の法規上のポイント »

PAGE TOP ▲

Appendix

街づくり人

街づくり人

玉縄・関谷の緑を守る為、様々な方へ情報を提供しアドバイスを頂いたりしながら、この地域を守っていこうという動きで始めました。
多くの方のコメントをお待ちしております。


Search

Calender

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -