ここだって鎌倉だ!断ち切るな関谷・玉縄みどりの輪 

「連続開発に脅かされる市周縁の暮らしと歴史」 大船駅付近の玉縄、関谷をご存知ですか? JR大船駅から大船観音横の通りの坂を登ると緑の多い住宅地があります。

旧鎌倉だけが鎌倉じゃない!

旧鎌倉だけが鎌倉じゃない!

 このブログにも初めの方に、いかに玉縄地区が鎌倉の中で疎外されているかを書いた。
住民だけでなく、行政も議会も鎌倉と言えば旧鎌倉のことだと考えている。
最近といってもすでに二〜三年前になるが、景観法に基づき、鎌倉市全域を景観計画の区域に指定したのはいいとして、旧鎌倉およびその周辺を古都景域、それ以外を都市景域に分類した。極めて杜撰な分類である、というかそうしたいのであろう。旧鎌倉の中にだって都市的景観があるというのに、である。古都景域という言葉の響きからは開発の抑制と理解するし、これに対し都市景域はあらゆる開発を想定されてしまう。行政の説明会の席で、ほかの分類法を具体的に提案もしたが受け入れてもらえなかった。我々のブログのタイトルを敢えて“ここだって鎌倉だ!断ちきるな関谷・玉縄みどりの輪”としたのはこんな危機感を表現したかったからだ。
 鎌倉市制70周年の記念に公募で鎌倉市の(鎌倉のではない)愛唱歌が作られたので紹介しよう。

        1 耳をすませば古き寺々ゆかしい歴史
遠く聞こえる御前の舞よ 町を歩めば緑が香り
先祖のまなざしあたたかく こころやすらぐわれらの鎌倉
        2 ひとみ閉じればやさしい大仏微笑みうかべ
          みんなの平和見守っている つなぐ手と手に未来がひかり
          こころとこころ結ばれて ああ夢ひかるわれらの鎌倉
        3 浜辺歩めば海美しくふるさとひかる
          七里ケ浜よ豊かな海よ ここからはるか水平線に
          宇宙に続く夢がある 未来始まるわれらの鎌倉 

鎌倉市の愛唱歌として一見それらしく見える。しかし、御前の舞(鶴岡八幡宮での)、大仏、七里ケ浜とくれば旧鎌倉だけの名所旧跡に限定されているではないか。鎌倉市の愛唱歌であれば全ての市民にとって身近で親しみやすい詞でなければならないのに、そうゆうふうにはなっていない。作者には責任はない。これを選定した者、最終的には鎌倉と言えば旧鎌倉しか頭にない行政の責任である。
同じような趣旨のことを書いているサイト(09/09/11日(金)の記事)
も参照していただきたい。


                   黒子
 
 
http://www.okada-report.jp/linkp01.htm

開発予定地の法規上のポイント

3.(1)土地所有の歴史(その7−5)
 薬子の変で活躍した武将文室綿麿はその功により参議にとりたてられ、大蔵卿、陸奥出羽按察使にのぼった。桓武朝晩期に造作と軍事が中止され、征討はしたものの律令制支配が行われないままになっていた地域を、綿麿は弘仁二年(西暦811年)正月、陸奥国に和我(わか)・薭縫(ひえぬい)斯波(しわ)の三郡を置いて、律令の支配下に組み込んだ。綿麿はさらに、同年二月、帰順しない爾薩體(にさて)、弊伊(へい)の二村を攻撃するために、陸奥・出羽の兵二万六千人の徴発を申請、朝廷はこれを許可し、抵抗勢力の一掃を命じた。四月には綿麿を征夷将軍とし、出羽守大伴今人、鎮守将軍佐伯耳麿らを副将軍に任命し、当初の予定通り六月、征討に向かった。10月5日、征夷将軍文室綿麿が蝦夷征討において多大の戦果をあげたことを報告し初期の目的を達成したことになっている。十二月には綿麿以下の功を賞し授位を行うとともに、征討後の民生安定策として、鎮兵の数を減少し、陸奥の百姓に四年間の税免除を施した。
 征討に要した兵力は実際には二万人弱に増援千百人だったとか、兵力が整わないので一年延期の命令がでたが、二千人をなんとか捻出し、千百人の増援で曲がりなりにも目標を達したなど出典によって大幅に異なる。今後の宿題にしておきたい。
 奈良時代末から続いた蝦夷地の律令制編入の大事業はこの征討で一旦一区切りをつけて扱う場合がほとんどであるが、この後も文室綿麿が再度征夷将軍に任命されたと記述している資料もあるので留意したい。
 宝亀五年(西暦774年)に始まった陸奥・出羽の騒乱に当時按察使兼陸奥守・鎮守府将軍大伴駿河麻呂が蝦狄征討を命じられてから弘仁二年(西暦811年)、文室綿麿の蝦夷地の一応の征討までを世に三十八年戦争という。三十八年戦争の終結をもって蝦夷地の騒乱は鎮静化(出羽に於いては衝突があったものの)したが、律令制の弱体化が始まったとの見方もある。
黒子

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

街づくり人

街づくり人

玉縄・関谷の緑を守る為、様々な方へ情報を提供しアドバイスを頂いたりしながら、この地域を守っていこうという動きで始めました。
多くの方のコメントをお待ちしております。


Search

Calender

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -